よくあるご質問

Q:乳歯はどうせ生えかわるのでむし歯を放置しても大丈夫?

A:乳歯のむし歯を放置しておくと、後からは得てくる永久歯(大人の歯)が生えてこなくなる場合や、歯が移動して大人の歯の歯並びが悪くなってしまう可能性がありますので、早めの治療をおすすめします。

 

O:乳歯のうしろから大人の歯が生えてきたのですが、そのままでもいいですか?

A:自然に抜けるのが困難で抜歯が必要な場合もあります。一度当医院にご相談ください。

 

Q:詰め物やかぶせ物が取れてしまった場合はどうしたらいいの?

A:金属の詰め物、かぶせ物の場合、むし歯になっていなければそのまま戻せますので当医院までお持ちください。

 ただし、日にちが経っている場合は歯が移動してしまって入らないこともありますので、取れてしまった場合は早急にお電話ください。

Q:フッ素塗布ってどうするのですか?

A:フッ素の入ったペースト状の薬を歯に塗って、むし歯の発生を予防する方法です。この方法は、ふつう乳歯や生えたばかりの永久歯に対して用いられます。痛みはありません。

 【方法】

まず歯をみがきます。そして、エアーで乾かしてから、ハブラシやスポンジでフッ素を塗ります。その後歯についたフッ素をきれいにふき取り終了です。

Q:だれでもインプラントにできるのですか?

A:インプラント治療は昔に比べると可能なケースが増えてきてはいますが、糖尿病、骨粗しょう症、チタンアレルギー、ヘビースモーカーの方などはリスクが伴いますので、慎重に診査したうえで治療を行っていく必要性があります。

また、全身状態がまったく問題がない場合でも、顎の骨の厚みや幅がない場合は、インプラント治療を行えない場合があります。

▲このページのトップに戻る