予防歯科とは

 今までの歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでした。しかし、むし歯になると歯の一部を失いますし、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。そのため悪くならないように予防していくことがとても大切です。歯科医院として、予防のお手伝いをすること、それが予防歯科です。ご自分の歯で一生、美味しく食事をしていただけるようにサポートしていきます。

 

 インテナンスとは


メインテナンスとは、歯科医院で定期的に皆様のお口のケアを行い、お口のリスクを検査、管理、予防することにより、治療終了後の病気の再発を予防していくことです。

 

お口の環境が悪くなる前に予防処置を定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。初期のむし歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気付かないことが多いのです。痛みがでたり、歯が揺れたり症状が出てから来院されると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。当院では治療終了後、3か月〜6か月ごとのメインテナンスをおすすめしています。リスクの少ない方は、間隔を少しあけながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

 

 予防歯科の流れ


 バイオフィルムというむし歯や歯周病の原因菌のすみかになっている歯の表面の細菌膜があります。このバイオフィルムは、薬が効かず、歯ブラシなどの物理的な方法でしか落とすことができません。しかし、普段の歯磨きでは、磨きにくい場所や磨けてない場所は必ずどこかにあります。普段のお手入れでは行き届かないバイオフィルムの除去については、PMTCと呼ばれる特殊なクリーニングで定期的に除去することがむし歯や歯周病を予防するうえで重要になります。

 

 PMTCとは

   P:Professional  専門家により

   M:Mechanical   専門の器具を使用して

   T:Tooth       歯を

   C:Cleaning     清掃する

 Professional Mechanical Tooth Cleaningの略です。はみがきで落とすことができない汚れであるバイオフィルム(細菌の集合体)を専用の器具を使用して集中的に磨き落とすプロフェッショナルクリーニングです。バイオフィルムを定期的に磨き落とすことは、むし歯や歯周病の予防に大きな効果があります。

 

  <PMTCの一般的な流れ>

1 お口の状態をチェック

・トラブルの有無をチェック

むし歯など何かないかチェックしていきます。治療が必要なところがあればそちらの処置を優先することがあります。

・歯ぐきのチェック

歯ぐきが腫れて炎症をおこしていないか、歯を支えている骨の状態などを検査していきます。

 

2 ブラッシングの再確認(必要な時のみ)

きちんと磨いていてもなかなか難しいのがブラッシング。普段からしっかり磨けているか、チェックします。

 

3 歯石除去

歯の表面や歯肉の中(歯根の表面)などに付着している歯石を除去します。

 

4 歯面研磨

フッ素入りの研磨剤で歯をツルツルに磨き、バイオフィルムを除去してむし 歯や歯周病を予防していきます。

 

 

 

▲このページのトップに戻る