インプラント

 

 インプラント(人工歯根)は、入れ歯やブリッジにかわり、機能と審美を兼ね備えた治療法です。

歯が抜けた部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を装着することで歯を噛む機能を回復させます。

また、インプラント手術時におきまして、歯科医師による術前診査、および全身管理には、医師による検査、対診を十分に行いますので安心してご相談ください。

インプラント 画像.jpg 

ンプラント治療の流れ


 【1】診査

歯、歯ぐき、かみ合わせの状態を調べ、レントゲンや型どりした模型をもとに診査します。

また、全身の状態をお聞きし、インプラント治療が可能か判断していきます。

そのほかに当医院では、外部の病院と連携してCT撮影を行うことがあります。

                        ↓

 

 【2】カウンセリング

治療内容や注意事項、タイムスケジュール、治療後のアフターフォローなどについてくわしく説明します。

                        ↓

 

 【3】口腔内環境の整備

インプラントの埋入手術(1次手術)を行うにあたって、歯周病治療、根の治療、むし歯治療などをしておかないと、インプラント手術が失敗する確率が高くなってしまいますので、それらの治療が必要な場合は先に行います。

                        ↓

 

 【4】埋入手術

インプラント(チタン製のネジ)を顎の骨に埋め込みます。

(この段階では、インプラントは歯ぐきの下にあるので見えません。)

                        ↓

 

 【5】2次手術

1次手術から約3〜6か月間インプラントが骨にくっつくのを待ちます。   

その後、歯ぐきをひらいて土台をたてるための作業をしていきます。

                  ↓

【6】上部構造

最後にかぶせ物を作っていきます。

                        ↓

 

【7】定期検診

   インプラントも他の治療同様に定期検診は必要です。

 

ンプラントのメリットとデメリット(入れ歯やブリッジに比べて)    

 ブリッジ 入れ歯  インプラント 
 ブリッジ150.jpg  部分床義歯.jpg  インプラントイメージ150.jpg

 

メリット  デメリット

・よく噛める                     

・違和感が少ない

・取り外しのわずらわしさがない

・他の歯を削らなくてよい

・高価である(保険がきかない)

・治療期間が長い

 

▲このページのトップに戻る