一般歯科

むし歯治療、歯周病治療、義歯(入れ歯)や詰め物・かぶせものの修理、抜歯などお口の健康に関する幅広い診療を行います。

 

  むし歯治療
むし歯の部分を除去して、金属やプラスチックの詰め物を入れていきます。

むし歯の深い場合は、歯の中にある神経を抜く場合があり、その時はかぶせ物(クラウン・差し歯)になる確率が高くなります。

 

  

 

  歯周病治療
歯周病は知らず知らずの間に進行していることが多く、成人の約80%以上の方が罹患しているといわれています。

ブラッシングで歯石を取ることはできないので、スケーラーという道具をつかって歯石を取っていきます。症状により回数は異なり、深い部分に付いた歯石の場合は麻酔をかけてとっていくこともあります。

しかし、歯石を取って終わりというわけではありません。みどり歯科クリニックでは、歯ブラシ指導や定期検診をおこない、歯周病の進行を極力抑えて、歯の寿命を延ばしていきたいと考えております。

 

  義歯(入れ歯)治療

歯を失うと、直接的な影響として物を噛む力が減少します。間接的な影響としては、今までかみ合ってた歯がのびてきて物がはさまりやすくなったり、隣の歯が倒れてきて歯磨きがしにくくなることがあります。そこで、歯が失われたところに義歯(入れ歯)を補うことにより、その様な問題点を解決することができます。

 しかし、義歯は違和感がでたり、取り外しのわずらわしさがありますので、かわりにブリッジ(前後の歯にかぶせ物をして土台にし、橋を架けるように金属などで繋ぐ治療方法)やインプラント治療を行うことがあります。

   →インプラント

  抜歯


みどり歯科クリニックではできる限り歯を保存していきたいと考えておりますが、根の深くまで割 れている歯や極度に深いむし歯、重度の歯周病に罹患している歯などは保存が難しいのでやむをえず抜歯することもあります。
親知らずに関しましては、他の歯に悪影響を及ぼしたり、痛みの原因となる場合は抜歯することもあります。 また、親知らずの生えかた(すごく深い位置にもぐっている、顎の中に走っている神経にかなり近 い)によっては、口腔外科のある病院をご紹介します。

 

 

  

▲このページのトップに戻る