歯周病の予防には

歯周病を予防するためには、プラークコントロール、つまりプラークを確実にきちんと取り除く事が最も大切です。その方法としては、正しいブラッシングをしっかりすることです。

「歯を磨いている」と「磨けている」とは全く別の事になります。正しいブラッシングをしていないと、毎日磨いていてもプラークはたまってしまいます。歯科医師や歯科衛生士の歯科のプロからしっかりとしたブラッシングの指導を受けて、歯周病を予防していきましょう。

歯周病チェック


歯周病は、静かな病気と言われ、自覚症状がほとんどないまま進行します。下記の項目に1つでもあてはまる場合は歯周病の可能性があります。早めに歯科医院へご相談ください。

  

 
  • 歯ぐきから出血することがある
  • 歯がグラグラと揺れている
  • 歯が長く伸びたような感じがする
  • 歯ぐきから膿が出ることがある
  • 口の中がネバネバとしている
  • 口臭があると指摘されたことがある
  • 歯肉が赤く腫れて、痛むことがある
  • 歯肉がむずがゆかったり、硬いものが食べにくい
  •  

▲このページのトップに戻る